2011年02月28日

僕の東京マラソン2(2011)。

 今年も走って参りました。無事に完走出来て、タイムは公式記録4時間1分、ネットタイム(スタートラインからのタイム)は3時間51分でした。去年よりちょうど30分早くゴールすることが出来ました。これは4時間を切ったということにしても良いのではないでしょうか。さて今回も今日1日を振り返ってみようと思います。

 朝4時半起床。前日は10時ごろ就寝出来たので、6時間強眠れて睡眠は充分取れました。天気も晴れのち曇りの予報、去年は起きたらザーザー降りだったので気分が全く違いました。まずお風呂で体を温めてから、5時半朝食。豚肉と納豆と明太子で、ご飯を3杯ほど。あとバナナを1本にアミノバリュー。
 7時出発。去年と同様会場まではタクシーで行かせて頂きました。相変わらずのすごい人の量。まだ1時間くらい余裕があったので、近くのホテルのロビーでゼリーを飲んだりトイレを使わせてもらいました(本当は宿泊者以外使ってはいけないんでしょうけど)。
 8時荷物を預けてからスタートブロック地点へ移動。朝はやはり冷え込んだので、ビニールのポンチョをかぶって整列しました。5キロほど走って体が温まってきたら捨てるつもりで。スタートブロックはA〜Kまで分かれていて、去年はJでかなり後ろの方だったのですが、今年はGと若干前の方だったので5分ほどロスはなくなりましたね(それでもスタートラインまでは10分くらいかかるのですが)。
 そのまま約1時間整列して(この時間が寒くて結構辛い。ポンチョを着て正解でした)、9時10分号砲とともにスタート。今年は号砲が聞こえました。まあ聞こえてからしばらくしてノロノロと歩き出す感じです。走り出して10分ほどすると体も温まってきて、ポンチョを捨てました。
 その後はしばらく本当に順調に走ることが出来ました。ちょっとトイレに行きたい感じがあったのですが、スタート直後はどのトイレも混んでいて、15〜20分待ちは必死です。まだ我慢出来る範囲内だったのでもう少し先で行こうと決めました。
 初めの5キロは本当に混雑していてなかなか自分のペースで走れないのですが、去年の反省を踏まえて、右へ左へ避けながら縫うように走るのは極力止めて(これが結構体力を奪われるのです)、なるべくまっすぐに走るように心がけました。20キロ手前まで行ったところで空いているトイレを発見、すかさず滑り込みました。5人くらいしか並んでいなかったので、ロスは2分くらいだったと思います。そこから随分体も軽くなったように感じて、余計な気も使わずに済むので少しペースをあげてみました。足の調子も全く問題ない感じで、快適に走ることが出来ました。ここまででゼリーを2本飲んで、エネルギー補給も充分に出来ていたと思います。そういえばこの辺りで石原良純さんを追い抜きました。
 そのまま快調に走って、25キロくらいから飴を舐めながら走りました。去年はこの辺りからかなり疲れが出ていたように思いましたが、まだまだ元気が残っている感じでピッチも速めのまま走り続けました。
 スタートのロスと前半のペースから、今年も4時間切りは無理かなと思っていたのですが、後半の追い上げと、30キロ地点辺りのタイムから計算して、「これはもしかしたらギリギリ4時間切りが狙えるかも・・」と考えました。この「狙えるかも」という気持ちが自分を更に辛いところへと追い込んで行く訳ですが・・。
 今までは1キロ5分半くらいのペースでしたが、ざっと計算すると1キロ5分〜5分10秒くらいでこのまま最後まで走れればギリギリ4時間が切れる。そしてキロ5分というのは決して無理なペースではない、と考えてしまったからには、もう挑戦しない手はないですよね。ちなみに走りながらこういうことを考えるのは(それも頭に糖分が足りてないような状況で)それだけで結構疲れるのですが、ここではなんとか正常な判断が出来ていたと思います。キロ5分というのは、無理ではないけど結構自分の中では限界のペースで、これを維持できるかどうか不安はありましたがなんとか挑戦してみました。
 35キロを過ぎたあたりでちょっと足がピクピクと痙攣しそうな感じがありましたが、ももを叩いたりしながらなんとか乗り切りました。37キロくらいから坂道の連続で本当に辛いのですが、去年一度走っているという経験と、少なくとも去年よりは楽に走れているという気持ちで、まだまだいけると自分を奮い立たせました。
 40キロを過ぎて、あと2キロ。ここからが本当に辛いんです。マラソンは30キロから、とか35キロから、とかよく言われますが、僕としてはマラソンは40キロからという感じですね。2キロなんてたいした距離じゃないのに、足は前に出ない、思いのほか長く感じるので気持ちは後ろ向きになる、と悪いこと尽くめです。しかし目標タイムにギリギリ行けるか行けないかということで、とりあえず必死で走りました。表情もかなり苦しそうだったと思います。
 そしてフィニッシュ、コーナーを曲がって会場に入りゴールラインが100メートル先に見えた瞬間、「たった今4時間が経過しました!」というアナウンスが。それを聞いた瞬間に心が折れました。ここまで頑張ってきたのに・・という気持ちでしたが、もう早く走り終えたい一心でゴール。4時間1分。でももっと早く4時間以内は無理だと決め付けていたらもっとタイムは遅かったでしょう。この一分の壁を次回は越えたいと思います。まあ純粋なタイムは3時間51分で切れているのですが、どうせなら誰がなんと言おうと3時間台になりたいですよね。
 去年は帰り道階段など下りるのに一苦労でしたが、今回は膝はあまり痛くならなかったですね。足にも着々と筋肉が付いてきているようです。
 終了後は友達と待ち合わせて雑談をした後、すぐに帰宅してベッドに飛び込みました。

 来年はもしかしたら東京マラソンではなく、那覇マラソンなどちょっと違った大会に出ようかなどと友達と話しています。そして近々逗子に住んでいる友達とトレイルランニングを始めようという計画も進んでいます。あれだけ辛かったのにもう走りたくなっている、マラソンは本当に不思議なスポーツですね。ランニングに出会えて本当に良かったと思います。みなさんもあの辛さ(楽しさ)を味わってみてはどうでしょうか。
posted by Toshi at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

明日。

 ついに本番まであと1日となりました。なかなか興奮して落ち着かないのですが、もう大体準備も終わったので、あとは掃除をしたり映画を観たりしてゆっくりしようと思います。まあ借りてきた映画は「炎のランナー」なんですけど。内容は短距離のようですが、明日に向けて気分を徐々に盛り上げて行こうかなと。夕飯を6時くらいに食べて今日は早く寝ます。
 去年の東京マラソンの日記を読み返してみたらいろいろと思い出されてきました。反省点などを参考にして明日は頑張りたいと思います。今回の記事と比較して読んだら面白いかも知れないですね。

※僕の東京マラソン。(2010)
http://toshi-sasaki.seesaa.net/article/142503341.html

ちなみに今回はこんなTシャツで走ります。ちょっとバカっぽくて気に入っています。
photo.JPG
posted by Toshi at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

あと2日。

今日は東京マラソンの受付にお台場ビッグサイトに行って来ました。去年と同様たくさんの人が集まっていて、みんなやはり少し緊張しているように見えましたね。Tシャツなどの記念品がたくさん売られていて、普通ならこういうものは買わないんですけど、やはり抽選で当たったとなると記念に買っておこうかなと思ってしまいますよね。EXPOだけあってほとんどのスポーツブランドが出展していて、大会直前にあれやこれや買ってしまいそうになるのですが今日はグッとこらえました。見ているときりがなくて結構疲れるので、Tシャツとテーピング用テープだけ買って足早に帰ってきました。
 それにしても今日は暖かいですね。シャツ1枚でも充分に歩ける気候でしたが、夜は寒くなるんでしょうね恐らく。そして気になる大会当日の天気ですが、なんだかどうも・・・ちょっとなんとも言えない感じになってきていますね。昨日の予報だと降水確率40パーセントで曇りだったのですが、さっきもう一度確認してみたら降水確率50パーセントで曇りのち雨になっていました。ほんとに雨だけは勘弁して欲しいです。今回は靴下が透けて見えるくらいのかなり通気性の良い靴で走っているので、降られるとちょっと困るんですよね。急に靴を変えるのも不安ですし・・。おととしから雪、雨、雨だとしたら誰か強力な雨男が参加している可能性がありますね。といっても3万5千人もいれば関係ないか。石原さんかな・・。
 今日明日は当日の流れをシミュレーションでもして過ごそうと思います。
 
posted by Toshi at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

日記の書き方。

 特に書きたいことがなくても、とりあえずPCを開いてキーボードをかたかたやってみよう。そうしているうちに書きたいことが沸々と湧き出るように・・という訳にはなかなかいかないものですね。しかしそうこうしているうちに今宅急便が届きました。注文してあったドラムがたった今届いたのです。これで一つネタが出来ましたね。よかったよかった。なんだかいい加減な感じに聞こえるかも知れませんが、確かにいい加減なんだから何とも言えませんね。そもそも僕は何か特に伝えたいことがあるとかそういう気持ちはほとんどないんです。日記を書き始めた経緯もよく覚えてないですが、とりあえず適当に思っていることなどをつらつらと書いてみたら、自分も意外と面白くて、また周囲の反応も意外と良かったんですよね。この「思っていること」と「伝えたいこと」は全く違うと思うんです。僕はただ思っているだけですから。「僕はこう思いますがみなさんはどう思いますか?」という感じは多少はあるかも知れませんが、基本的には「僕はこう思います、以上」、という感じですね。わざわざネット上に書いているというのも自分でも不思議なのですが、もちろん読んでもらえるのは嬉しいからということでしょうか。この人はこんなこと考えてるんだ、ふーん、という感じで大満足なんです。関係ないですが、僕の持っている機材を運ぶ用の台車の名前が「台満足」というんです。なかなか素敵なネーミングですよね。話が逸れましたが、この「ただ単に思っていることを書いている感じ」というのが、もしかしたら読んでいて悪い気分にはならないのかなと思ったりします。決して心地良くもならないと思いますけど。押し付けがましかったり、やたらとハイテンションだったり、そういうのは疲れますよね。まあ僕は改行しないので読みにくいという噂もありますが・・。でも変なことを言うようですけど、あくまで僕の場合、改行をしたその瞬間にちょっと感情が冷めてしまうような感覚があるんです。きっと構成も何も考えないで書いているからだとは思いますが、改行をして見た目がすっきりすると、内容もその分あっさりしてしまうというか。言い換えれば誤魔化しているということにもなりますけどね。さらには別に感情の高ぶりを表現しようとしている訳でもないですしね。そうこうしているうちに本題のドラムの話に入るのを忘れてしまいました。その話はまた次回にしましょう。だんだん日記の書き方を思い出してきたような気がします。以上。
posted by Toshi at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

1週間。

 東京マラソンまであと1週間となりました。ご存知の方もいるとは思いますが僕は去年も運良く出場することが出来て、初のフルマラソンで4時間31分と市民ランナーとしてはなかなか健闘することが出来たと思います。そして今年は去年よりも練習出来ていて足の調子も良いので、結構良いタイムで走れそうな気がしています。前回は足を痛めてしばらく走れなかった時期があったり、走れても10キロ程度の練習が限界でしたが、今回は25キロも2回程走っていますし、10〜20キロを日によって走り分けられるような余裕も出て来ています。去年無理をしたお陰か、これ以上走ったらきっと足を痛めるな、という感覚がわかってきたというのもあると思います。20キロ走ろうと思って走り始めても、今日はちょっと調子が悪いから15キロにしておこう、というような。月間の走行距離(こういうと車の話みたいですよね)は100〜150キロくらいになっているので、これは一応サブフォー(4時間切り)が狙えるギリギリの練習量にはなっています。まあちょっと4時間切りはきついかもしれませんが、4時間10分くらいを目標にして今回は頑張ろうかなと思っています。
 そして今集中的にやっているのは減量です。やっぱり4時間くらい走り続けることを考えると、1キロでも体重が軽い方が膝への負担も少なく、エネルギーの消耗も少ないんですよね。実際に1キロ落としてから走ってみると、体が軽い軽い。同じ距離を走ってもかなり楽に走れるんです。もちろん無理な減量は良くないので(まあ出来ないですけど)、栄養は取りつつ脂肪を落とすようにしています。なのでご心配なく。2週間前くらいから始めたのは、まずビールをカロリーオフの発泡酒に変えること。ときにはカロリーゼロのノンアルコールビールも飲んでいます。これは僕にとっては結構な努力なのですが、わかってもらえるでしょうか。あと夕飯は出来るだけ鍋ですね。野菜を大量に食べて、豆腐やいわしのつみれでたんぱく質を取っています。ご飯は大会3日前までとりあえず我慢。朝昼は普通に食べます。まあとりあえず脂肪の多いものを控える、に尽きます。これもラーメンや肉料理が好きな僕には結構辛いときもありますが、実際に体重が落ちてから走ったときの気持ち良さを味わうと、努力が報われる感じがするのでなんとか頑張れています。あとは腹筋ですね。一日合計100〜150回くらいはするようにしています。腹筋は足を持ち上げる筋肉と繋がっているので、鍛えると楽に走れるようになるそうです。
 こう書いてみるとなんだかかなりストイックな生活に見えますけど、意外と普通ですよ。ちょっと辛いときもありますけど、飲み会などはあれば行きますしね。自分から飲み会を企画しないように気を付けています。
 さああと1週間。終わったら浴びるほどビールを飲んで焼き鳥を食べたりラーメンを食べたりします。
posted by Toshi at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

さよなら、くうかんぼう。

 昨日のことになりますが、我らが憩いの店、くうかんぼうの閉店パーティがありました。くうかんぼうというのは四谷にあるバーで、大学1年のときに初めて入ってから13年間、非常にお世話になったお店なのです。初めて店に入ったときのことは今でもよく覚えています。サークルの帰りに友達の誕生日パーティをしようと10数人で四谷の飲み屋街をうろうろと探していると、ある店からボサノバの弾き語りが聴こえて、なんだか良さそうなお店だということでとりあえず入ってみたのです。ライブをしていたのはブラジル人の男性でした。僕達は店の真ん中の大きなテーブルに陣取り、素敵な音楽に耳を傾けながら楽しく飲んでいました。そしてライブで「おいしい水」(ボサノバのスタンダードナンバーですね)が始まったとき、サークルのメンバーの一人が歌に合わせて大きな声でハモり始めたのです。というのも、僕はこのときゴスペルサークルに所属していて(もちろん担当はドラムです)、みんなはサークルを立ち上げてしまうくらいの歌好き音楽好きが集まっていたので、お酒が入ってくるにつれて音楽に反応しない訳にはいかなかったのでしょう。次第に2人3人と歌い始め最後には大合唱になってしまいました。さすがに始めはそのブラジル人の男性も戸惑っていましたが(当たり前です)、最後には気持ち良さそうに合わせて歌っていたと思います。そしてライブのあと、そんな騒ぎを見ていたマスターが、「君達面白いね。今日はライブを盛り上げてくれてありがとう。また是非飲みに来てよ。」と声を掛けてくださったのです。そしてこの日から僕と、僕達との、長いくうかんぼうの歴史が始まったのです。
 それから僕達はサークルの帰りはもちろん、ことあるごとにそのバーを利用するようになりました。マスターも気さくな方ですぐに仲良くなって、サークルのメンバーが何人かそこでバイトをするようにまでなったのです。ちなみに当時僕はくうかんぼうの一本裏通りのメキシコ料理屋でアルバイトをしていまして、バイトは深夜2時まで、そしてくうかんぼうは深夜3時までの営業だったので、バイトが終わってから店のスタッフ2、3人でくうかんぼうで小1時間飲む、というのをほぼ毎日やっていたように思います。それで僕個人とマスターもたくさん話をするようになり、隔週でくうかんぼうでライブをさせてもらっていた時期もありました。
 くうかんぼうは、まず名前からも想像できるような広々とした店内と、趣味の良い(僕の好きな)音楽が結構な音量でかかるところも良いのですが、何よりも店を魅力的にしているのはマスターの人柄だと思います。ときには酔っ払いとケンカをして2度と来るなと追い返すところも見たりしましたが、それもマスターの店に対する愛情の表れだということがよくわかるのです。くうかんぼうは頑固で不器用なマスターそのものだったように思います。
 そんな店が今週いっぱいで閉店するということになり、昨日は今までお世話になった感謝の気持ちを込めてみんなでお邪魔したのです。くうかんぼうでビールを飲んでいると、本当にいろいろな思い出が走馬灯のように頭をよぎりました。それもそのはずです。僕の青春のどこを切り取っても、そこにくうかんぼうがあった訳ですから。
 そして今日が最後の営業日ということで、もう一度最後の挨拶に行って来ようと思います。くうかんぼう、マスター、ほんとうにありがとうございました。

昨日のパーティの写真です。
182956_1789096479945_1015575235_32035852_6518118_n.jpg
posted by Toshi at 17:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。