2008年12月20日

とりあえずちょっとすごいこと。

 やっとゆっくりブログを書く時間が出来ました。最近何かと忙しかったのと、個人的にブログは寝る暇を惜しんでまで書くものではないと思っているので(特に僕の書くような内容では)更新が遅れてしまいました。すみません。今は朝ごはんを食べた後に、トッドラングレンを聴きながら、そして京都お土産のイノダコーヒーを飲みながら書いています。こういう優雅な時間でないとなかなか筆が進みません。
 さて、最近はいろいろなことがありましたが、印象に残っているちょっとすごいことを書きます(それほど大したことでもないですが)。今書いて思いましたが、「ちょっとすごいこと」というと、すごいのかすごくないのかよくわかりませんね。そもそも「すごい」という言葉もなかなか曖昧というか、すごい大きいとか、程度を強調する言葉ですよね。よく「この映画はすごい」とか「あのミュージシャンはすごい」とか言いますが、あれはどうすごいのかは後で説明するとして、とりあえずすごい、ということですね。つまり「とりあえずちょっとすごいこと」があったということになります。なかなか本題に入れませんが、これも優雅な時間ならではということで。。
 まず先日、家の中の時計が全部止まりました。置時計、掛け時計、洗面所の時計、台所の時計、そして僕の腕時計。もちろん同時ではないですが、2、3日中に示し合わせたかのように止まったのです。電池を交換するだけなので特に大変ではないのですが、一つずつ時計の電池を交換して動かしていく作業、というのはなんだか初めての体験で不思議な感じがしました。まあ一種の偶然ではあるのですが、偶然という言葉は、信じられないようなことが起きたときにそれを都合よく解釈するために作った言葉だと何かで読んだことがあります。この世には必然しかなく全てには意味があるのだと。時計が止まったのには何か意味があるのでしょうか。
 そしてもう一つ。先日朝6時半くらいに近所の松屋の朝定食を食べまして、その日の夜19時くらいに同じく近所の蕎麦屋で夕食を食べました。これだけだとなんてことはないのですが、どちらも隣に座った人が同じ人だったのです。同じ近所とは言え、朝早くの松屋と夜の蕎麦屋、そして時間までまるで同じというのは少しびっくりしまして、蕎麦屋で僕は3秒くらいその人の顔を驚いた顔で凝視してしまいました。想像が付くとは思いますが、その人は歩けば誰もが振り返る美人、であるはずもなく、どちらかというと友達になりたくないという感じでしょうか。この偶然には意味があるとは思いたくないですね。
posted by Toshi at 11:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、ちょっとというよりかなりすごい気がします(どっちも)
何かの前触れなんでしょうかねー
何が起こるんでしょう、楽しみですね!?
Posted by じゅんこ♪ at 2008年12月21日 08:07
じゅんこ♪さん
多分いつも気付いていないだけでそういう類のことはたくさん起きているんでしょうね。
注意して周りを観察しているだけできっと日常が面白く変わるような気がします。

というようなことを感じることができただけでも良かったのかなと思います。
Posted by とし at 2008年12月21日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Yes We Can: Voices of a Grassroots Movement 12/20人気が ...
Excerpt: ... 黒色 - [ 内容・詳細を確認する ] / [ 関連商品を見る ] タイ...
Weblog: 腕時計の秘密
Tracked: 2008-12-20 13:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。