2013年02月03日

理想像

 今年はなんだかいろいろなことをやろうとする意欲が、いつも以上に湧いています。といっても、僕はこういうことを書くのが好きではなくて、それは、やろうと思ったら、もうやっていなくてはいけない、みたいな考え方があるからかも知れません。人にあまり多くを語らずに、やることはしっかりやっている友達をみるとやはり刺激を受けるし、自分もそうありたいなと思います。まあでも今年は特にいろいろ頑張ろうかなと思っているので、冒頭に書いたわけです。

 すごく話が逸れるようで逸れないんですけど、ジョジョの奇妙な冒険という漫画の中のあるシーンで、「ぶっ殺す!」と言っている悪役に対して、その兄貴分みたいな人が、「おい、俺達はぶっ殺すなんていう言葉は言わないんだ。なぜなら相手をぶっ殺そうと思ったその瞬間、既に相手を殺してしまっているからだ」みたいなことを言うんですけど(こわいですね)、全然種類は違えど上の話に通じるものがあるな、と今思いました。結局は不言実行みたいなものですけど、ちょっとニュアンスが違いますね。

 僕の理想としている男性の一人に、言うと笑われるんですけど、漫画「タッチ」の主人公、上杉達也君がいます。読んでいたのは小学校高学年くらいだとは思いますが、彼の、一見何もやる気がないようで、しっかりやることはやるところ、冗談ばかり言っていて周りを辟易させるけど、期待にはちゃんと応えるところ、など、本当に憧れの存在なんです。

 世代的にタッチをあまり知らない人も多そうなのでものすごく簡単に説明すると、優秀な双子の弟とは対照的に遊んでばかりでダラダラしている兄が、弟の死によって初めて表舞台に立つ、という話なのですけど、そういう意味でのバトンタッチの「タッチ」だとは小学生の僕には気付きませんでした。なかなかすごいですよね。まあ上杉達也は、もともと弟より才能があった、みたいな部分もあるので、結局は才能ありきか、なんて考えちゃうとそれまでなんですけど。
 覚悟を決めた達也が、トレーニングを開始するんですけど、2日目の朝起きたとき、明日からちゃんとやろう、と寝てしまうところとかも、人間味があって好きです。あと、ヒロインの朝倉南ちゃんが、結局は昔から達也の方が好きだった、というところとかも、子供ながらに、なるほどねーと思ったものです。あ、ちなみにタッチは野球漫画です。

 なんだか漫画の話になってしまいましたが、漫画から学ぶ部分も多々あるということでした。僕は姉がいる影響で、少女漫画を昔ちょっと読んでいましたが、好きだったのは、「ポニーテール白書」と「はいからさんが通る」でした。「はいからさんが通る」はほんとにすごい漫画だと思っているんですけど、それはまた機会があったら。

 
posted by Toshi at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。