2015年10月03日

Nautilus レコ発ライブのお知らせ

またまたNautilusの話ですが、
11月14日(土)、外苑前Z.imagineにて、Nautilus 1st full album 「Nautiloid Matter」の発売を記念してレコ発ライブを行います。7インチはリリースしてきましたが、レコーディングから半年以上経ってようやくのCD発売ということで、個人的にも感慨深いものがあります。またこの日はライブレコーディングをする予定でして、お客さんの拍手や歓声も録音されると思いますので、是非たくさんの方に来て頂きたいです。
またNautilusはライブ中にMC(曲の間のおしゃべりみたいなやつです)を一切挟まずに、ノンストップで演奏するという形式を取っているのですが、その辺りにも注目していただけるとまた面白いかもしれません。とはいえ最後の方でちょこっとメンバー紹介くらいはするのですが、基本的にはDJが曲を繋げるようにライブでも曲を繋げていきたいという思いがありまして。そしてただ繋げるといっても、色々工夫を凝らして手を変え品を変えやっていまして、いかにかっこよく面白く曲を繋げるか、というところがひとつのライブ中の重要なポイントになっています。
というわけで、10/14のアルバムリリース、11/14のレコ発ライブ、ともにどうぞよろしく御願いいたします。

IMG_3528.jpg
※土曜日ということで通常より一時間早いスタートとなっています。お間違えのないようご注意ください。
open18:00
start19:00(1st set 19:00〜、2nd set 20:30〜予定)
charge2000yen+drink
http://www.radio-zipangu.com/zimagine/
posted by Toshi at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

久しぶりにサポートのお話。

最近はNautilusのことばかり書いていたのでたまには違う話を。本当は音楽と全然関係ない話とかもしたいのですが、なかなかそれをするにも時間が必要なのでしょうか。昔のブログを読み返してみると、まあ見事に音楽以外の話ばかりしてますね。昔は暇だったということにしておきましょう。考えていることは今も昔もほとんど変わりないと思います。
さて、昨日はシンガーのいいくぼさおりさんのワンマンライブにてドラムを叩かせて頂きました。いいくぼさんに初めてお会いしたのは確か7,8年前だと思うのですが(最近昔のことを思い出すと大体7,8年前と言っている気がしますが、全然合っていないかも知れません)、彼女のアルバムに2曲参加させて頂いたことがあって、その後もライブを見に行ったりとお会いする機会はあったのですが、今回初めてライブで共演することができました。
ベースにはNautilusでもお馴染みの梅沢茂樹さんを紹介させて頂いて、バイオリンには今回初めてお会いしたあすなさんというサポートメンバーでお届けしましたが、7年前(今調べてみたら7年前でした)の繋がりと、今の自分の周りが繋がったというか、少し不思議な感覚になりました。
人の繋がりに感謝、みたいな言葉は個人的には書いたり言ったりするのは苦手なのですが(なんだか言葉にすると安っぽい感じがするからでしょうか)、心では結構考えているんだなあと昨日改めて思いました。
そして恵比寿のCreAtoというライブハウスのこけら落とし公演!(オープン初日に演奏するのは初めての経験でした)ということで、前日までペンキを塗っていたりとお店自体が完成していなかったので間に合うかどうかヒヤヒヤしていたのですが、無事に完成しまして、会場も満席(立ち見の方もいたのでしょうか)で大変盛り上がりました。
ここまで書いて思いましたが、どうも僕は起きた出来事をそのまま書くのは苦手なようです。なんだか小学生の作文みたいですよね。
とにかく打ち上げで楽しいお酒を頂いて、気持ち良く目覚めたので何か書きたくなったのでした。
そんないいくぼさんともまた年末にご一緒出来るかもしれません。楽しみにしていようと思います。

いいくぼさおりさんのサイト
http://homepage3.nifty.com/futureamadeus/
posted by Toshi at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

Nautilus 1st Full Albumリリース決定しました。

8月9月と立て続けに7インチをリリースしてきたNautilusですが、10月14日、ついに初のCDフルアルバム「Nautiloid Matter」がリリースされます!今までレコードプレイヤーがなくて聴けなかったという方は大変お待たせ致しました。
個人的にもようやく、という感じですが、その分全13曲と聴き応えのある内容になっています。
ノーチラスのライブでは普段ほとんどMCを入れずに、DJさながらに曲を繋げて演奏していく手法を取っていますが、このアルバムでも曲間にはこだわりましたので、その辺りも注目して頂ければと思います。
Amazonなどネットはもちろん、全国CDショップでもお買い求め頂けますので、是非たくさんの方に聴いて頂きたいと思います。
アルバム1曲目のIntroductionに乗せて告知動画も作ってみましたので、是非ごらん下さい!
ノーチラス号に乗って旅に出ましょう。

posted by Toshi at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

nautilus 2nd7インチアナログ告知動画第2弾

先日の動画はいかがでしたでしょうか。そして予告通り、今週火曜日の深夜(水曜の午前1~3時くらい)という時間帯でもう1本のPVの撮影をしまして、昨日編集作業を終えました。今回も全て自分で編集したのですが、4本目ということもあり、徐々にクオリティーが上がってきていることが見て取れると思います。ともかく観て頂きたいです。どうぞ!



この曲は子どもの頃何かのCMで流れていたのをよく覚えていて、とても耳につくというか印象に残っていたのでいつかカバーしてみたいと思っていたのですが、今回念願叶って録音することが出来ました。そしてこの曲のゲストボーカルはThs Marddiesというバンドで一緒に活動しているカマタミズキ。いやーかっこいいですね。彼女は僕より10くらい若いのに僕より10くらい年上のような貫禄があります(見た目の話ではないです)。前半の抑制を効かせた部分から、後半に向けてそれまで抑えていたものが徐々に溢れ出てくるような歌いっぷりは何度観ても鳥肌が立ちます。

今後も告知動画やライブのお知らせなど更新していく予定ですので、チェックして頂きたいと思います。よろしくお願いします。

※2nd7インチは以下のサイトでも視聴、購入が出来ます。

http://diskunion.net/clubh/ct/detail/1006791393

http://www.amazon.co.jp/TOMS-DINER-LADY-COLTRANE-Analog/dp/B012CXRZH8
posted by Toshi at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

2nd 7インチ 動画第一弾。

来月9月9日の7インチアナログリリースに向けて、動画を作りました。まずはB面収録の、Gil-Scott Heronのカバー、Lady Day And John Coltraneです。この曲はよくサポートさせて頂いてるシンガー、大和田慧ちゃんをフィーチャーしました。小難しいアレンジにもかかわらず、サラッと歌いこなしてくれるあたりは流石ですね。2分程の動画ですので、是非観て頂きたいです。



このPVもそうなのですが、今までのNautilusの動画は編集を自分でやっていまして、慣れないもので初めは時間がかかりましたが、3本目となると少しコツを掴めてきたようで、スムーズに作業が出来ました。まあ今のところは切ったり貼ったりという基本中の基本しかできないのですが、徐々に凝った作りにしていければなあと思います。まあ元々映像作品のようにするつもりはなくて、演奏シーンをつなぎ合わせたシンプルなものにしようと思っていたので、今のところは想定内なのですが。

そして今夜は2ndアナログのA面に収録される、Tom's Diner(Suzanne Vega)のPV撮影があります。うまく行けば今週中には公開出来ると思います。この曲ではゲストボーカルでThe Marddiesというバンドで一緒に活動しているカマタミズキちゃんをフィーチャーしています。こちらも是非楽しみにしていてください。では。

以下のサイトでも視聴、購入が出来ます。
http://diskunion.net/clubh/ct/detail/1006791393

http://www.amazon.co.jp/TOMS-DINER-LADY-COLTRANE-Analog/dp/B012CXRZH8
posted by Toshi at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

今後のツアーなど。

最近はノーチラスのことしか書いていませんでしたね。今後もこれでもかというくらい書く気がするので、たまには違う話題を書きます。
今後の楽しみなライブについてなど。
ノーチラス以外にも、サポートはもちろん、メンバーとして所属しているバンドもいくつかあって、最近はおかげさまで数年前に比べれば数段と忙しくさせて頂いております。
ひとつひとつ紹介していくのも大変なので、今後の楽しみなツアーについて書かせて頂きます。
音楽をやっていて楽しみなことのひとつに、地方(海外も含む)に行って演奏するというのがあります。まあこれは想像に難くないとは思いますが、ただでさえ楽しいライブというものに+αで旅行というオプションがついているからですね。もちろん観光に行く訳ではありませんし、時間の関係で演奏終了後急いで帰路につくなんていうこともあるのですが、それでもやはり遠くに行くというだけで余計な時間(いい意味での)が生まれますから、何かしらの特別感はあります。普段は車移動で飲めない人もツアー先だとホテルが現場から近かったりするので、必然的に打ち上げでお酒を飲む機会も増えます。去年も福岡や奄美などに行かせて頂きましたが、そこでしか食べられない、飲めないものなどもありますし、気候や人間の違いも楽しめます。
そういう訳で今年も今後色々な場所で演奏する機会があるのですが、その中でも楽しみなのが、福岡に3回行く予定があることです。しかも全部別のバンドなので、毎回違った楽しみ方ができるのは間違いありません。
とりあえず箇条書きにしますと、9/11@中洲ジャズ(The Marddies)、10/17@福岡(まだバンドで公表していないと思うので一応日程だけですみません)、10/31@博多ニューコンボ(黒船)です。それぞれ大阪や名古屋も経由して行ったりするので、今からとても楽しみです。
今夜は用賀のキンのツボという焼き鳥居酒屋で稲岡吾郎君のトリオで演奏してきます。
http://www.kintsubo.jp/
ここは出演バンドに焼酎を一本サービスしてくれるという、なんとも太っ腹なお店です。焼き鳥も美味しいです。いかにお酒とうまく付き合って3ステージ演奏するかがポイントになってくると思います。
では今日も暑いですが皆様熱中症に気をつけてお過ごしください。
p.s.我が家の猫2匹は元気です。
posted by Toshi at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

Nautilus 7"リリース記念ライブご来場ありがとうございました。

先日のNautilus 1st 7"リリースライブ、たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました。ほぼ満席でした。バンドを結成して1年強となりますが、このような形でライブをすることができて、感慨深いものがありました。

securedownload.jpg

ライブの最後には、The Marddiesというバンドで一緒に活動しているカマタミズキ(vo)を迎えてSuzanne VegaのTom's Dinerを披露しました。彼女の歌はとてもソウルフルで本当に素晴らしいです。

securedownload-2.jpg

そしてライブの興奮も冷めやらぬまま、翌日は記念すべきリリース日。レコードショップを回って挨拶をしてきました。

securedownload-3.jpg

おかげさまで売れ行き好調のようで、Jet Set RecordsのサイトではJ-hip hopデイリーチャート1位になっていました。ありがたいことです。

そしてまた新たなお知らせがあります。
1st 7インチが出たばかりではありますが、来月9月9日、早くもNautilus 2nd 7"がリリースされます。今回は女性シンガー2人をフィーチャーして2曲、一曲は先ほど紹介したカマタミズキちゃんにToms's Dinerを、もう一曲は以前からサポートさせて頂いているシンガーソングライター、大和田慧ちゃんを迎えてGil-Scott HeronのLady Day And John Coltraneを収録しました。この2曲はアレンジも非常に気に入っていて、下記のdiskunionのサイトで少し試聴できますので是非聴いてみてください。

diskunionのサイト
http://diskunion.net/clubh/ct/detail/1006791393

Amazon
http://www.amazon.co.jp/TOMS-DINER-LADY-COLTRANE-Analog/dp/B012CXRZH8

FBページもよろしくお願いします
https://www.facebook.com/nautilusmusic.net

これからも色々情報を更新していきますので、何卒よろしくお願いします。
posted by Toshi at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

改めまして、Nautilusのお知らせ。

皆様お久しぶりです。Nautilusについて書かなければいけないことがたくさんあるのですが、あまりに久しぶり過ぎて何を書いてよいかわかりません。
ひとまず今後ブログを書くためにも、情報を小出しにしていこうと思います。
まず、明後日8月11日にライブがあります。

securedownload-1.jpg

これを見てもわかるように、ライブの翌日、8月12日にアナログ7インチがリリースされます。記念すべきノーチラスの初音源になります。
そしてこの7インチ2曲だけで終わる訳がなく、この後アルバムリリースも予定されている訳ですが、それはまた次回に書かせて頂きます。

長くならないようにしたい気持ちは山々ですが、もう2点だけお知らせをさせて下さい。
一つめは、nautilusのofficial websiteがオープンいたしました。
http://www.nautilusmusic.net/
こちらにバンドの情報がいろいろ載っております。

もう一つは、今度リリースされる予定の曲Nautilus(Bob Jamesのカバーです)のPVがyoutubeに公開されております。


はい、まだ伝えきれませんが、ひとまず今日はここまでとさせて下さい。
またブログを楽しく読んで頂けるように、頑張っていこうと思います。
おやすみなさい。
posted by Toshi at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

Nautilus

 お久しぶりです。もはや半凍結状態のブログだったので誰も見ていないとは思いますが。。近況を説明するにも長くなり過ぎてしまいそうなので、まあ相変わらず元気でやっています、という言葉で片付けさせて頂きます。目新しいこととしては、新たに自分のバンドを始めたことでしょうか。ちなみに今日はそのバンドについて書こうと思って、重い腰を上げた次第です。
 
 もう何年も前から、自分始動のバンドをやらなければいけないなとは思っていました。そういう活動をしていないと、それぞれのサポートの現場で、自分の色を必要以上に出したい欲求に駆られてくるからです。いわゆる欲求不満というやつですかね。もちろんそれでバッチリはまることもあれば、too muchになってしまうこともあるでしょう。でも、これが自分の音楽だ!というのが出せる場がきちんとあれば、精神的に余裕が出来るのか、いろいろなバンドで自分の音を押し付ける必要がなくなるような気がします。もちろん出した方が良いと判断した場合は出しますが、きっと選択する余裕が出来るんですね。という訳で、漫然と自分のバンドをやりたいなあと思いながら、何年も経ってしまいました。でもやはり心のどこかで、常に考えていたのだと思います。

 きっかけは、確か4月の頭くらいだったと思いますが、知り合いに、5月4日深夜に何かライブやらない?と誘われたことでした。もちろんやりたい気持ちはありましたが、ライブまであとちょうど一ヶ月、メンバーを押さえて、リハを組んで、曲を考えて、、などやることが瞬時に頭をよぎりましたが、このチャンスは逃せない、と思い、すぐにピアノ竹内大輔君、ベース梅沢茂樹さんの2人に連絡をしました。運良く2人がOKだったので、内容は追々考えようと思い、ライブを引き受けたのでした。すぐこの2人に連絡出来たのも、先ほどの話ですが、心のどこかでこの2人と音が出したいなと思っていたのだと思います。このときはもちろんまだバンド名など考えていなかったので、Toshiyuki Sasaki Sessionとかにしたと思います。

 そして約一ヶ月でオリジナル3、4曲と、カバーを5曲程用意して、無事に初ライブを終えることが出来ました。何年も考えていたにも関わらず、きっかけが何かあれば集中して曲作りとか出来るものだなと改めて思いました。もっと早くやっておけば、とも思いましたが、この何年かはいろいろ吸収して充電する期間だったのかなとも思います。そして不思議なもので、始めた途端に、すぐ次のライブが決まったり、誘いがあったりして、5月から既に4本のライブをこなしました。曲数も増えてきて、今後の展開が非常に楽しみです。やはりアルバムを作りたいですね。年内は難しいかもですが、来年前半には形にしたいところです。
 
 バンド名はNautilusにしました。ノーチラスと読みます。初ライブでやった曲にBob Jamesの同名の曲があって、そこから取りました。以前聴いたときに、自分のバンドをやるときは絶対やりたいな、と思っていた曲です。お洒落だけど、少し怪しい、アンダーグラウンドな世界観が、自分の目指すところと一致したような感もありまして。意味はアンモナイトなのですが、ノーチラス号という実在の潜水艦があったり、何か不思議な魅力のある名前だなと思いまして。字面も、音の響きもいいですよね。

 さてそのNautilusですが、次回のライブが来週あります。8月29日深夜、渋谷Ball(Nautilusが初めてライブをした場所です)。以下詳細になります。

8/29(fri)
<IMPULSE!>open 22:00
[DJ] 瀬戸智樹, U-SAY(FREEDOM RECORD), NOM(montyacc), Yuki Akimoto(citta)
[LIVE] Nautilus(佐々木俊之 ds, 梅沢茂樹 b, 竹内大輔 key)
右向き三角1\1500/1drink
http://www.shibuya-ball.com/index.html

 旧友もDJに交えて、楽しい夜になりそうです。
 夏の終わりの金曜の深夜、是非お越しください。
posted by Toshi at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

理想像

 今年はなんだかいろいろなことをやろうとする意欲が、いつも以上に湧いています。といっても、僕はこういうことを書くのが好きではなくて、それは、やろうと思ったら、もうやっていなくてはいけない、みたいな考え方があるからかも知れません。人にあまり多くを語らずに、やることはしっかりやっている友達をみるとやはり刺激を受けるし、自分もそうありたいなと思います。まあでも今年は特にいろいろ頑張ろうかなと思っているので、冒頭に書いたわけです。

 すごく話が逸れるようで逸れないんですけど、ジョジョの奇妙な冒険という漫画の中のあるシーンで、「ぶっ殺す!」と言っている悪役に対して、その兄貴分みたいな人が、「おい、俺達はぶっ殺すなんていう言葉は言わないんだ。なぜなら相手をぶっ殺そうと思ったその瞬間、既に相手を殺してしまっているからだ」みたいなことを言うんですけど(こわいですね)、全然種類は違えど上の話に通じるものがあるな、と今思いました。結局は不言実行みたいなものですけど、ちょっとニュアンスが違いますね。

 僕の理想としている男性の一人に、言うと笑われるんですけど、漫画「タッチ」の主人公、上杉達也君がいます。読んでいたのは小学校高学年くらいだとは思いますが、彼の、一見何もやる気がないようで、しっかりやることはやるところ、冗談ばかり言っていて周りを辟易させるけど、期待にはちゃんと応えるところ、など、本当に憧れの存在なんです。

 世代的にタッチをあまり知らない人も多そうなのでものすごく簡単に説明すると、優秀な双子の弟とは対照的に遊んでばかりでダラダラしている兄が、弟の死によって初めて表舞台に立つ、という話なのですけど、そういう意味でのバトンタッチの「タッチ」だとは小学生の僕には気付きませんでした。なかなかすごいですよね。まあ上杉達也は、もともと弟より才能があった、みたいな部分もあるので、結局は才能ありきか、なんて考えちゃうとそれまでなんですけど。
 覚悟を決めた達也が、トレーニングを開始するんですけど、2日目の朝起きたとき、明日からちゃんとやろう、と寝てしまうところとかも、人間味があって好きです。あと、ヒロインの朝倉南ちゃんが、結局は昔から達也の方が好きだった、というところとかも、子供ながらに、なるほどねーと思ったものです。あ、ちなみにタッチは野球漫画です。

 なんだか漫画の話になってしまいましたが、漫画から学ぶ部分も多々あるということでした。僕は姉がいる影響で、少女漫画を昔ちょっと読んでいましたが、好きだったのは、「ポニーテール白書」と「はいからさんが通る」でした。「はいからさんが通る」はほんとにすごい漫画だと思っているんですけど、それはまた機会があったら。

 
posted by Toshi at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

ヤバい。

 僕はよく友達に、「よくヤバいって言ってるよね」と言われます。口癖が「ヤバい」ということのようです。何年か前に言われたとき、確かに、美味しいごはんを食べてもヤバい、かっこいい音楽を聴いてもヤバい、何でもとにかく「ヤバい」で片付けてしまっているなと、このままでは語彙力が減って頭が馬鹿になってしまうかもしれないなと思って、ヤバい禁止令を自分に出したのを覚えていますが、いつの間にか「よくヤバいと言う人」に戻ってしまいました。

 でも最近改めて考えると、それはそれでいいのかなと思ったんです。例えば、面白い夢を見て、それを人に伝えたいとき、詳細に説明しようとすればするほど、全然言いたいことと違う感じになってしまって、夢の面白さが自分の中でさえも失われてしまう、ということが僕にはよくあります。多分言葉にしてしまうと良くも悪くもイメージが単純化してしまうというか、人にはもちろん伝わりやすくはなるけど、何かが欠けてしまうような気もしなくはありません。もっとも文筆業を生業にしているような人ならば自分のイメージに近い表現も出来るのでしょうが、僕はそうではないし、そういう人はおそらく稀ですよね。また、そもそも夢は無意識で見ているので、無意識のものを意識的に説明すること自体が不可能だという考えもあるようですが。

 僕はなんとなく無意識を大事にしているようなところがあって、そこが損なわれるのが嫌だから、ヤバいという抽象的な言葉で表すのかもしれない。「ヤバいね」「そうだね、ヤバいね」これで結構話が出来てしまうし、お互い心の底では深い感動の渦がある、という事実で共感しているのだから、これはこれで良いのかなと。
 もちろん、お酒を飲みながら、そのヤバさについて深く掘り下げて話をするのも大好きだけど、それはとても時間がかかるし、数少ない気の知れた相手としか出来ないですし。

 確かに、たくさんの言葉を操ってうまく表現すれば相手にもスムーズに、そしてわかりやすく伝わるのかもしれないけど、僕はやっぱり言葉には出来ない感情なり感覚を大事にしたいし、そういう感覚を、好きな曲を聴かせたり、映画を観たり、言葉で説明するのとは違うやり方で共感したいなと思うわけです。
 そもそも言葉に出来ないということは存在しないも同然、みたいな話も聞いたことはありますが、それについては長くなりそうなのでまた次の機会に。

 今日はあったかくてヤバかったですね。
posted by Toshi at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

MY FIRST HONOLULU MARATHON

 去年の12月9日、ホノルルマラソンを走りました。目標タイムは4時間以内でしたが、実際はなんと5時間45分。なんでこんなことになってしまたったか、当日を振り返ってみようと思います。

 まず12月11日から沖縄に演奏旅行に行く予定があったりと、スケジュール的に、ハワイの滞在が12月7日~9日という結構タイトなスケジュールでした。つまり、9日にマラソンを走って、その日の夕方の飛行機に乗らなければなりませんでした。まあ僕は東京マラソンを2回走っていて、2回目のタイムは3時間51分だったので、まあ暑さを考慮に入れても4時間半くらいだろうと思っていました。

 7日の昼にハワイに着いて、ホテルに行き、マラソンの会場へ行ってナンバーカードを受け取ったりなんやかんやして、早めの夕飯をホテル近辺のアウトバックで食べました。アメリカにきたらやっぱりステーキです。本当にアメリカのステーキは美味しい。あの食べごたえのある赤身肉、脂身がほとんどないので胃にもたれる感じがしません(日本の霜降り肉なんて、2口で飽きちゃいます)。ステーキと、マッシュポテトと、バドワイザー。ああ思い出すだけで幸せです。僕は前世はアメリカ人だったんじゃないかな。そんな感じで楽しく1日目を終えました。

 2日目。早起きをして、近所のカフェでオムレツを食べてコーヒーを飲んでから、翌日のマラソンのゴール地点まで散歩をしてみました。ついでにゴール地点の近くにあるホノルルズーへ行って動物を眺めたり。もうマラソンの練習は充分した自信があったので、あとはゆっくりするだけです。スタートは翌日朝5時(!)なので、その日は夜8時過ぎには寝る予定でした(深夜3時には起きて朝ごはんを食べようと思っていました)。夕飯に、近所にあるこぢんまりとしたイタリアンでパスタを食べて、翌日の朝食用にスパムおにぎりやカロリーメイトなどを買って、準備は万端、のはずでした。次回へ続く。

 と言いたくなるくらい、その後に劇的な変化が訪れます。シャワーも浴びて、さあベッドに入ったそのときです。なんだか熱っぽい。なんだか気持ち悪い。なんだかお腹が痛い。おいおい、そりゃーないよ、と思いながら、寝て起きたら元気になるだろうと無理矢理寝ることにしました、が、すぐに目が覚めてトイレで吐いてしまいました。そして完全に熱があり、下痢もしてしまいました。ほんとに去年の中で一番体調が悪いんじゃないかという状態が、まさかのホノルルマラソンのスタート数時間前に訪れたのです。あまりの急激さだったので、今では食あたりか何かだったのではと思っていますが、そのときはそれどころではありません。とりあえず、走れるのか?という疑問が頭をよぎります。それが東京の大会だったら間違いなく欠席していたと思います。でも、それはホノルルマラソンで、わざわざこのために2泊4日という強行スケジュールでハワイまで来ているのですから、さすがに出るだけは出ようと思いました。途中で無理だと思ったら棄権しよう。下痢止めに解熱剤を飲んでとりあえず横になっていましたが、やはりトイレには30分に一回は行っていたでしょうか、そんなこんなで朝になってしまいました。

 3日目。朝4時。スタート地点までは歩いて15分ほどだったので、遅くても4時半にはホテルを出たいところです。幸いにも薬が効いてくれたようで、症状は落ち着いていました。なんとか走れそうだな、と思いました。ホテルを出発すると、大勢の人がスタート地点に向かって歩いています。さすがにちょっとずつテンションが上がってきました。これは行けるかも、と思いました。

 スタート。と同時に花火があがります。みんなのテンションもMAX。去年は3万人程参加したようです。走り始めて、結構調子がよくて、これはひょっとしたらひょっとするかも、なんて思っていました。もちろん朝5時は真っ暗ですが、ダイヤモンドヘッドにさしかかった辺りで、薄明るくなってきました。そのときの景色は本当に綺麗だった。あの景色をみるために毎年走りたいと思う。
 さて、調子もよく20キロ地点くらいまで約2時間で走っていたと思います。ここまではかなり順調でした。そして、次回へ続く。

 とまた書きたくなるような展開がこのあとに。足がつりました。初めは左足。急にピキ!とふくらはぎがつったのです。思わず立ち止まって足をマッサージして、おそるおそる走ってみると、今度は右足がつりました。おいおい、そりゃーないよと思いながら、立ち止まってはマッサージをして、走ってはすぐまたつって。このあとはゴールまでずーっとこの繰り返しでした。ほんとに泣きそうになりましたね。今までの練習はなんだったのかとか、いろいろ考えて。多分、嘔吐と下痢で脱水症状になっていたんだと思います。それに加えてハワイの気温。朝こそ涼しかったものの、日が出たらなんだかんだで30℃近くはあったのではないでしょうか。全ての給水所で水とゲータレードを飲みましたが(計20杯くらい)、一度もトイレに行きたくならなかったほどです。あとは、食べ物をほとんど吐いてしまったことからくるエネルギー不足、などなど。

 とにかくその後の約4時間、本当に辛かった。でも棄権しようとはあまり考えませんでした。とりあえず前に進んでみようと。あと辛さの一つに、ハワイの雄大な、そして単調な景色があると思います。東京マラソンは、新宿に始まり、皇居、浅草、銀座、お台場と景色がめまぐるしく変わっていったのに比べて、ホノルルマラソンは、海、山、高速道路。景色があまり変わらないんです。道もすごい広いし、ずっと遠くまで見えてしまっているので、進んでいる感じがしない。気分的には、東京マラソンの倍くらい走っているような気さえしました。

 まあとは言っても、体調が万全だったらもう少しは、というか、かなり、楽に走れたのでは、と思うので、また今年も行く理由が出来たような気がしています。死ぬ程辛かったけど、また走りたいと思う。どうやら僕はMなのかも知れません。

 ゴールして、満身創痍でホテルに戻って、幸いチェックアウトの時間を遅らせてもらうことが出来て、約1時間眠れました。そして空港へ。足はフラフラです。でも面白いことに、空港には明らかにホノルルマラソンを走ったであろう日本人がたくさんいるのです。大体の人が完走記念Tシャツを着ているのでわかるのですが、そうでなくても、みんな明らかに歩き方が変なんです。自分もそうですが、ひょこひょこした、ペンギンみたいな歩き方をしているんです。あの光景は面白かった。みんな強行スケジュールで頑張るんですね。

 今年はリベンジしたいです。
posted by Toshi at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

Cherish The Day

 昨日からなんだか気分が落ちています。まあそんなこともありますよね。いつも何も考えてなさそうな楽観主義の僕にでも、そういうときはあります。誰かのせいで気分が落ちるのなら八つ当たりのしようもありますが、もしそれが自分の行動が原因だとしたら、因果応報だと思うしかないですね。
 
 そんな気分のまま、昨日は僕の大好きなアーティスト、ロバート・グラスパーのライブを観てきました。もう5回くらい彼のライブは観ていますが、相変わらず、死ぬほどかっこよかった。そして、ゲストで登場したレイラ・ハサウェイ。父のダニー・ハサウェイによく似た、空気を含んだような、柔らかくて力強い歌声も素晴らしかったのですが、その声を発する前から、ステージ上に立っているだけで、その佇まいがかっこよすぎて涙が出そうになりました。どういう生き方をしたらあの貫禄は身に付くのか。そして彼女が歌ったのが、これもまた僕の大好きな曲でSadeのCherish The Dayでした。

Cherish The Day

 そう、僕はやっぱり、その日その日を大事にする生き方しか出来ない。未来のことはあまり考えられない。過去のことは少し考える。彼女の歌うCherish The Dayを聴いて、なんだか救われたような気がしました(どちらかというと暗い歌だとは思うんですけど)。
 そのとき、ん?救われた?と思ったんです。僕は根っからの無神論者で、宗教とも無縁な人間だと思っています。以前NYのハーレムで教会に行ったとき、祈り歌いながら、目の前で失神していく人達を目の当たりにして、感動や驚きを超越して、畏怖を感じたことを覚えています。おそらく僕にはこんなに何かにすがることはないだろうと。

 でも、自分の考え方を改めて思い直してみると、因果応報や救いなど、どこか宗教的な要素を感じます。もし何か自分の特別な存在、常に身近にいて自分を見守っている存在か神なのだとしたら、音楽が僕にとっての神様なのかも知れない。ミューズやアポロンのような「音楽の神様」ではなくて、音楽そのものが神様の方がいいな。
 というわけで神様、今日のライブよろしくお願いします。
posted by Toshi at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

恥ずかしい話。2

 先日ライブハウスの楽屋でメンバーと話していて、どういう流れかは忘れましたが、それぞれの恥ずかしかった話をしようということになりました。楽屋での話というのは結構印象に残っていることが多いように思うのですが、それは多分メンバー同士、本番前の適度な緊張からくる高揚感みたいなもので会話がはずむからかも知れません。

 僕についての恥ずかしい話といえば、まあ本当にいろいろとあるのですが、以前書いたものだと「Aちん事件」がまず思いつきますね。これは、5、6年前でしょうか、レコーディングに向かっていて、数ある建物の中からA棟を探していたのですが、僕はその頃「棟」という字を「ちん」と読んでいて、警備員のおじさんに「すみません、Aちんはどこですか?」と聞いてしまったということです。もちろんおじさんの反応は微妙な「?」という感じだったのですが、僕は若干遅刻して急いでいたので、「だからAちんですよAちん!」と語尾をを強くしてしまったのです。数時間後に間違いを指摘されたときは本当に恥ずかしかった。未だに思い出しては笑ってしまいます。おじさん本当にすみませんでした。

 さて、2年前ハワイで、Zippy'sというファストフード店に行ったときのことです。レジのおばちゃんに注文をして(確かミックスプレートランチとペプシだったと思います)。あ、そういえば去年はホノルルマラソン走ったんですよ。そのことについてはまた今度書きます。で、はい何ドル何セントです、と言われると同時に紙コップを目の前にポンと置かれたんです。で、そのとき、反射的に僕はお金をその紙コップの中に入れたんです。なんというか、タイミングがタイミングだったもので。まずお札を入れたら、おばちゃんは笑顔でそのお札を受け取りました。次に小銭をその紙コップにじゃらじゃらと入れたらまた笑いながらそのお金を受け取りました。そして紙コップはそのままに、番号札を受け取って席に着きました。それであとで番号で呼ばれて食事を取りに行ったら、トレーの上にランチプレートと、空の紙コップが乗っていたんです。ああドリンクはセルフサービスなのかと、横にあるドリンクバーでペプシを入れて、何事もなく席に戻ったのです。そして食べているときにふと、さっきお金を入れたのはドリンクバー用の紙コップだったのか!とようやく気付いたのです。今になって考えると何で始めに気付かなかったのか不思議でなりませんが、とにかくそのときは気付かなかったんです。それから本当に一人で笑いをこらえながら、多分小刻みに震えていたと思いますが、全部食べきるのに本当に苦労しました。あのおばちゃんは結構びっくりしたろうなと。いやー恥ずかしかった。
 
posted by Toshi at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

共感しよう。そうしよう。

 何年か前に、「INTO THE WILD」という映画を観ました。前途有望な若者が、恵まれた環境、お金、家族などを全部捨てて、アラスカの荒野へ一人旅をしに行く、という実話です。親の期待に応えることに嫌気がさしていた彼は、初めは「人生は人間関係だけじゃない」と、一人で気の赴くままに旅をします。そして彼が死体となって2年後に発見されるまでの彼の精神的変化を描いたような作品なのですが、荒野で衰弱していき死に直面した彼が最後あることに気付くシーンがあります。それは、
「人は共感しなければ生きていけない」
「幸福というのは、人と分かち合ったときに初めて訪れる」
というものです。言葉だけ聞くとよくある言葉かもしれませんが、それまでの映画の流れで彼の口からその言葉を聞くと、心を打たれるものがありました。

 いい音楽を聴くときも、ごはんを食べるときも、たまには一人でも楽しいかもしれないけど、やっぱり人と分かち合うと喜びも倍増しますよね。先に一人を味わうとなおさらかも知れません。綺麗な夜景を一人でみているとたまらなく切ない気持ちになりますが、これをあの人と見たいなとか、ここに一緒に来たいなとか、そういう気持ちだけでもいいのかもしれない。
 ただ共感は共感でも、マイナスの共感というのもあると思います。それは人の悪口や、人のマナーの悪さに対して発言して、共感を得るというものです。まあこういうものは一番言いやすいものなのかも知れません。人のことを悪くいうときは、自分が少し偉くなったような気がするものだと思うし、欠点を探すのは簡単ですから。そういう発言はなるべくしないように気をつけているつもりです。
 
 以前僕がNYのライブハウスをはしごしているのを、ミクシィ(だったかな)にアップしたところ、一人友達が「I envy you!!」と書いてきたのをよく覚えています。そのときなんだかすごい気持ちよかった。羨ましいと思う気持ちは、嫉妬の意味合いもあって、素直に言えなかった時期もあったのですが、羨ましいと言われて嫌な気持ちになることはないんだなとそのとき思ったんです。それからは結構「いいなー」という気持ちを素直に出すようにしています。だって嫉妬されるのって気持ちいいし、嫉妬している人に対しても素直に「いいでしょー」と言えばお互いなんだかすっきりしますよね、きっと。これはプラスの共感。
 
 だから一緒に美味しいお酒を飲んだり、音楽を聴いたり、ランニングをしたり、たくさんのことをしよう。ときには意見が食い違って共感出来ないときもあるかもしれないけど、その違いがハーモニーになる、ということで、次の曲は井上陽水&玉置浩二で「夏の終わりのハーモニー」。このバージョンが好きなんです。前にもアップしたかも。季節外れですけど。

 

 
posted by Toshi at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

ファミリー・アフェア

 急にあの映画が観たいとか、あの本が読みたいとか思うときがよくあります。それは多分、例えば血糖値が足りてないときに甘いものが食べたくなったりするように、その本なり映画なりに、今自分にとって必要な要素が何かしらあるのではないでしょうか。

 先日ふと読みたくなったのが、村上春樹のファミリー・アフェアという短編です。この話は折に触れて読みたくなるのですが、ひとつ好きな台詞があって、結婚を間近に控えて少し精神的に不安定になっている妹に対して、プレイボーイの兄が言うのですが、それは、ー「良い面だけを見て、良いことだけを考えるようにするんだ。そうすれば何も怖くない。悪いことがおきたら、その時点で考えるようにすればいいんだ」ーというものです。

 この台詞が結構気に入っていて(もちろん前後の流れも含めて面白いのですが)、確かにそうだなと思うんです。ともすると楽観的に過ぎるように思われるかも知れませんが、なんというか、宇宙の歴史に比べると人生はあまりにも短いし、世界の広さに比べると自分の行動できる範囲はあまりにも狭いし、一生に出会う人もほんの一握りですよね。その限定された世界の中で、悪いことに目を向けてしまっては、はっきりいって「もったいない」と思うんです。どうせ生きてれば悪いことも起こるし、それはそのとき考えよう。これは僕の行動原理になっているような気さえします。

 この本を読んだからなのか、もともとそうやって生きていたかはよく覚えていませんが、もともと僕の中にあったそういう要素が共鳴したことは確かですね。

 もうちょっと下らない感じで書きたいんですけど、まだ感覚がうまくつかめないな。でもとりあえず書くのは楽しい。スライのファミリー・アフェアでも聴こうかな。ビール飲もう。
posted by Toshi at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

変わらないもの。

 約1年以上も放置していたブログですが、今になって急に書いてみたくなりました。人の気持ちというのは本当にいい加減なものです。人の気持ちと言うか僕の気持ちですよね、いい加減なのは。
 ご存知の方もいるように、僕には特に書きたい内容がある訳ではなくて、ただPCに向かってカタカタと音を立てていると気持ちが落ち着いてくるのです。それこそこのブログなんてきっと今は誰も読んでいないでしょうから、しばらくの間は完全に独り言になるでしょうね。人が読み出したらまた考えよう。

 友達のブログを読んだのをきっかけに、それこそ本当に1年以上ぶりに自分の日記を読み返してみたのですが、まあ考えてることが変わっていなくてびっくりしました。昨日も飲みながらこの話してたな、みたいな。思考が止まっているんでしょうかね。いいことなのか悪いことなのかは今は判断しかねますが、とりあえずブレていないということで良しとしよう。
 僕はどちらかというと、本も映画も、数をたくさんというよりは、好きなものを繰り返し読んだり観たりする方が好きで、きっとそうしているから、自分にとっての好きな部分がどんどん濃くなっているような気がします。前にも書いたのですが、自分が何が好きなのか、というのは、実際にやってみないとわからないと思っていて、例えば美術館に行くと、この絵いいな、と思ったときに、そうか僕はこういう絵が好きなんだな、ふーん、となる訳です。そうやって世界を広げながら自分が何に興味があるのかを探しながら生きてきて、今34歳(!)になったのですが、ちょうど今くらいで、なんとなく自分の核みたいなものが確立されてきたのかなと思います。ようやく自分のことがわかりかけてきたところで、これからはもっとそれを深く、濃くしていく時期なのかな、という感じですね。ちょっとかっこいい風に書いてますけど、結局わかったのは僕はやっぱり音楽が好きでビールが好きだっていうことくらいなんですけど。
posted by Toshi at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

近況。

 ここ最近はtwitterやfacebookなどをしているせいか、何をブログに書いてよいのやらわからなくなってきました。と、そうも言っていられないのですが、それが更新が滞っている主な理由です。ちょっとした出来事ならtwitter、写真や旅行時のアルバムならfacebookという風に棲み分けが出来てしまっているため、いよいよブログの意味を考えてしまう今日この頃です。試しに写真を多めに載せようと北海道遍などで試みてはみたものの、やはり内容がfacebookとかぶってしまっていて、やっている側としては全くモチベーションが上がらないのです。やはりブログはブログでしか見れないような内容にしたいなとうすうす思いつつ時間だけが経ってしまいました。いっそのことブログをやめてしまった方が良いのではないかとも考えましたが・・。まあ特に新しい方向性をバン!と打ち出すことはないとは思いますが、一応継続はしていくつもりなので、どうか長い目でみてやって下さい。
 北海道以降で言うと、富士山に登ったりハワイに行ったりしていました。最近の趣味自転車についてなども書きたいですね。意外と書きたいことが溜まっているようです。今日は天気が良いので窓を開け放して掃除をしていました。猫も元気です。
posted by Toshi at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

東京より。

 2泊3日の伊達の旅から帰って参りました。今年で3度目ということで場所には慣れてきたものの、ライブはもちろん楽しいし、いろいろなご当地料理をいつもご馳走してもらえるので飽きるということはまずありません。おかげさまで来年も竹内大輔トリオで伊達へ行けるということで、今からとても楽しみにしています。しかし再来年からは別のバンドを紹介するというシステムになっているので、おそらく来年がとりあえずは最後の伊達ライブということになるかも知れませんね。まあもちろん個人的に遊びに行くこともあるかも知れませんが・・。そう思うと若干寂しい気持ちにもなります。
 
 今回は珍しく少し写真を載せてみようかと思います。

初日に泊まった旅館から歩いて有珠(うす)海水浴場に行きました。人がほとんどいなくて気持ちが良かった。
DSCF8083.jpg

その後歓迎会。カニやらウニやら。一人は歓迎会中に寝ました。
DSCF8098.jpg

翌日、ライブ前の昼食後。登れそうなところは登ってみます。空が綺麗ですね。
DSCF8113.jpg

ライブ。なんとわざわざ東京からサックスの郷原君も遊びに来てくれました。何曲かゲスト参加。
DSCF8246.jpg

関係者各位と打ち上げ。本当におなかがいっぱいになりました。飲むより食べる方がメインだったような。。美味しいワインも頂きました。
DSCF8292.jpg

そして今回は今まで1番天気が良くて、伊達の青空を堪能することが出来ました。本当に真っ青な濃い空なんですよね。ハワイに行ったときも思いましたが、空が青いとか、海が広いとか、雲が白いとか、そういう当たり前のところで感動できる場所が、本当にいいところなんだろうなということを改めて実感しました。来年も楽しみにしています。
posted by Toshi at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

伊達へ。

明日から2泊3日で北海道に行ってきます。毎年恒例、といっても今年で3度目になりますが、伊達市にある「歴史の森カルチャーセンター」にて、伊達メセナ協会のみなさまの協力のもとにライブをしてきます。3度目というのがまたすごい縁で、去年まで2年連続で出させて頂いたDeep Riverが、今年の出演バンドを選ぶという企画があったのですが、それで選ばれたのが偶然にもまた僕の所属しているバンドだった訳です。さすがに2度も足を運んでいると、顔なじみの方もたくさん出来て、またあの方たちに会いたいなあという気持ちが今は強いです。美味しいごはんを食べてお酒も飲んで、もちろんライブがメインの目的な訳ですが、それ以外の楽しみがいつも盛りだくさん過ぎて旅行に行っているような気分になります。
 最近は東京も暑いですし(今日はなぜかすごく涼しいのですけど)、この時期に涼しい北海道に行けるのはとても嬉しいですね。2、3日前から台風が接近してきていて、無事に飛行機が飛んでくれるのか心配になったりもしましたが、今日も午後から晴れて、無事に出発できそうです。
 ここ2週間くらい体調がいまいち良くなくて悶々としていましたが、今日やっと全快に限りなく近い体調に戻ることができました。今とても気分が盛り上がってきています。
 今日はボルダリングのジムに行って体を動かして来たのでよく寝れそうです。
posted by Toshi at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。